医療用ウィッグって何?

医療用ウィッグって何?

最近、テレビCMなどで女性向けの「おしゃれウィッグ」が広く一般的になり、誰でも手軽にウィッグでおしゃれを楽しめるようになりました。

 

一方で病気やケガなどで自分の髪をなくされた方にとっては、ウィッグは日常的に使われるものになります。そういう方向けに開発されたのが「医療用ウィッグ」というものです。

 

「医療用ウィッグ」はおしゃれ用と比較して、よりデリケートなものでなければなりません。

 

まず、お肌に直接あたる部分は人工毛に比べ肌に優しい人毛を使用したり、ネット部分の汗の吸収や速乾性、通気性も大切になります。また、ずれ防止の留め具にも工夫が必要です。金属製のものではお肌を痛めてしまうからです。

 

お仕事や外出時、ほぼ一日中付けておくものですから、圧迫感や重さで疲れやすくては困ります。反対に脱げやすくても困ります。しっかりフィットしながら、軽い付け心地のウィッグが理想です。

 

抗がん剤治療を受ける患者さんの場合、自分の髪がだんだんと脱毛し、治療が終わると徐々に戻ってきます。毛量の変化によって当然ウィッグが合わなくなってきます。アジャスターなどで調節ができることも必要ですが、より細かいサイズ調整をしてくれるアフターサービスもついているところもあるようです。ほかにもウィッグのお手入れ方法をレクチャーしてくれるサービスも。

 

価格帯もおしゃれ用とほぼ同じようです。手軽な既製品からセミオーダー、フルオーダーと選べるようになっています。病院を介して購入すると割引のあるメーカーもあるようです。

 

このように「医療用ウィッグ」は、より安心して使える優しい工夫がされています。患者さんにとっては美容的な意味だけでなく、前向きに病気やケガの治療に取り組むためにも「医療用ウィッグ」はますます進化してほしいものですね。